仕事紹介

女性の視点を
工事現場に活かしたい

関谷 佳恵 Sekiya Yoshie

所属部署
:工事部工事課 関東営業所
出 身
:埼玉県出身
入社年
:2017年入社

スペシャリスト集団に加わりたい!

就活では営業に絞って活動しました。業界は幅広く、中小企業を狙って。というのは、ルーティンやデスクワークではない仕事に就きたいと思っていたからです。専門的な分野に特化した企業で私自身も専門を持ちたいと思っていました。そこで、鋼矢板杭打抜施工のスペシャリストである当社への入社を決めました。

職人気質の技術者が当社の誇り

当社には口下手でいわゆる職人気質な技術者が多く、あまり自己アピールをしませんが、実はすごいんです。大規模工事では何社かの現場が同時進行するのですが、ある時、当社のスムースな進行や整然とした現場に気づきました。そして、発注企業が、当社の工事の精度の高さと、社員のだれが担当しても技術力が安定していることを評価してくださったのはこういうことなのかと実感。先輩方への尊敬の気持ちがぐっと大きくなりました。

一人で顧客とやり取りできる営業に!

今は、現場がスムースに動くようにサポートする業務を担当しています。オートCADの理解をもっと深め、設計図から当社の作業に適応させた作業図や機材配置図を素早く起こせるようになりたいです。そして、将来的には一人でお客様とやり取りできる営業が目標です。また、土木業界では女性社員が少ないのですが、現場の安全性や快適性向上には女性の観点が生かせる場面が多いと感じています。こうした点でも力を発揮していきたいと思います。

安全な日本を造るために
必要な技術

青柳 祐希 Aoyagi Yuki

所属部署
:工事部工事課 関東営業所
出 身
:群馬県出身
入社年
:2016年入社

佐藤重機建設の求心力は、社長の熱さだ

法学部で自治行政について学び、公共事業に関わる仕事がしたいと思っていました。就活の説明会で社長に出会ったのが入社の決め手になりました。緊張していた私から話を引き出してくれ、その上で「これから現場を見に行かないか」と、ちょうど近くで工事中だった現場に連れて行っていただき、そこで、技術や工法について説明を受けました。その真摯で熱い姿勢や、現場から伝わる会社の雰囲気に、こういう人たちと一緒に働きたいと入社を決意しました。

未来を造る、大きな仕事に関わっている

入社2年目の9月から約7カ月間、首都高羽田線の更新工事に参加しました。「矢板を打つために来ているのじゃない。首都高の架け替えに来てるのだ。工事全体を考えて行動しろ」という上司の言葉にはっとしました。実際に10年をかけての大規模工事です。この先の方が長いのです。2020年には次の段階に着手します。自分のことだけではなく周囲も、今日だけでなく次の日、将来も見通して、広い視野で取り組むこと。今はそれを心がけています。

防災と復旧に我々の技術を活かしたい

日本は地震、河川の氾濫や地滑りなど、様々な災害に襲われます。そうした土砂災害からの復旧や防災、また耐震補強に、当社の技術を活かしたいと思っています。ニュースで災害現場を見るとき「ここに矢板が打てたら」と思うことがあります。防災工事には、地形や環境、予算など様々な要因や制約があり、簡単には進められないことも多いのですが、当社の専門技術を核とした工事で地域の安全に貢献したいと思っています。

技術×知識×経験で
進歩あるのみ!

富樫 直樹 Togashi Naoki

所属部署
:工事部工事課
出 身
:新潟県出身
入社年
:2010年入社

重機を乗りこなす男が憧れだった

重機を運転する仕事に憧れて、当社に入社しました。今は、クラッシュパイラーという鋼矢板圧入の専用機のオペレーターです。乗るのではなく、リモコン操作であるところが少し違いますが、ほぼ希望どおりです。専門工法の機械なので、入社後に講習を受けて2種類の資格を取りました。硬質な岩盤を削孔しながら、同時に鋼矢板を押し入れていけるので、高効率な工事ができ、様々な現場を経験してきました。

高難度の線路の耐震工事に挑戦

難しいけれどやりがいを感じたのは、東京で、線路添いに矢板を圧入した耐震工事です。電車を運行させながらの工事なので、移動や資材の搬入の時間は限られ、安全性の確保やスケジュールに注意が必要でした。工事期間は7カ月、初めての長期出張でしたが、毎週末帰省していたので、ホームシックにはなりませんでした。

多彩な技術を身に付けた先輩に追いつきたい

地盤に圧入するのは鋼矢板や鋼管ですが、形状やサイズは様々で、川沿いや斜面などの環境、工事の種類で使う機械や工事の方法も違ってきます。難易度の高い工事や経験したことのない工事は少なくありません。だから、そうしたことができる先輩全員が目標です。知識、経験、技術、資格の全部が必要。当社は先輩後輩の垣根がなく、聞きやすく話しやすい雰囲気なので、前向きに頑張れる人には向いていると思います。

現場代理人として
安全でスムースな進行を司る

小林 充昭 Kobayashi Michiaki

所属部署
:工事部工事課
出 身
:新潟県出身
入社年
:1996年入社

次々と資格を取得し、成長を実感している

大型クレーンの操作、現場の施工管理を担当しています。私の仕事はいずれも資格が必要。クレーン操作では車両特性による数種類の資格を取得し、併せて土木施工管理技士資格も取得したので、関われる範囲が広がり、同時にやりがいも大きくなりました。自分自身での勉強に加えて社内の有資格者から実践的なアドバイスがもらえ、費用は会社が負担してくれるので、モチベーションもアップ。成長させてもらったなと思っています。

自然が相手の仕事は臨機応変が基本だ

私たちが相手にするのは目に見えない地盤です。専門業者が調査した上で、採用工法や使用機械を決めて工事にかかりますが、時に予想通りに進まず、工事内容が覆ることもあります。また、災害復旧にかけつけたら、現場が天井の低いトンネルの先で機械が通れず、線路上に鉄板を敷き、分解してからトラックで運ぶなど、工事の予備段階での対応が求められることもありました。現場によって対応もいろいろ、柔軟性が求められる仕事です。

現場では「段取り力」が鍵を握る

私たちは基礎工事や土留め工事を行い建造物の基礎を作り、その工事後にいくつもの工程が続くのです。ですから、品質はいうまでもなく、スケジュール通りに進めることが求められます。それには、資格や技術に加え、段取り力が重要です。打ち合わせを重ねて、情報を確かに伝え、複数の目で確認。チームで協力する体制が作れれば、安全な工事、スムースな進行はついてきます。それを肝に銘じて仕事をしていきたいと思います。

採用情報トップへ