工法紹介open

鋼管矢板圧入工法

NETIS登録番号:CB-980119-VR

高強度で耐久性の高い鋼管矢板で粘り強く合理的な鋼管矢板連続壁を構築
港湾工事や河川流域の洪水・高潮対策、橋脚の耐震補強や橋梁基礎などに適した、高強度で耐久性の大きい鋼杭が鋼管矢板です。鋼管パイラーはφ500~φ1500までの鋼管矢板に適用し、無振動・無騒音で、転倒の恐れがなく、安全性、環境性にも配慮した施工を行うことが出来ます。

適用例
  • 護岸工事
  • 橋脚・井筒基礎工事
  • 道路擁壁工事

工法の特長

高強度で耐久性の高い鋼管矢板で粘り強く合理的な鋼管矢板連続壁を構築する

鋼管パイラーはφ500~φ1500までの鋼管矢板に適用、無振動・無騒音で、転倒の恐れがなく、安全性、環境性にも配慮した施工を行うことができます。

GRBシステムにより”仮設レス施工”を実現

杭の搬送・建て込み・圧入の全工程が杭上だけで完結する「GRBシステム」を用いることで、仮設レスを実現し、場所を選ばず急速・省スペースで施工が可能です。

使用機械

関連情報

鋼管矢板圧入工法 紹介パンフレット[3.1KB]

この工法の施工実績

お気軽にお問い合わせください。