工法紹介open

鋼矢板圧入ウォータージェット併用工法

ウォータージェットを使用し杭の貫入抵抗力を軽減
油圧式杭圧入引抜機を使用したウォータージェット併用圧入工法で、25<Nmax≦50の地盤に適用されます。杭先端部の地盤に高圧水を噴出しながら杭を圧入します。

適用例
  • 土木工事全般(土質状況N値 25≦Nmax<50)

工法の特長

小さい圧入力で効率的な圧入施工を実現

ウォータージェット併用工法とは、杭先端部の地盤に高圧水を噴出する(ウォータージェット)ことで、土粒子間の間隙水圧を一般的に高め、土粒子が移動しやすい状態を作り出す工法です。同時に地上に湧きあがろうとする噴流水で杭の周面を潤滑させながら、継手部に侵入する土石の締め固まりを防ぎます。こうして貫入抵抗力を軽減し、杭を損傷させることなく小さい圧入力で効率的な圧入施工を行います。

工法紹介動画

使用機械

お気軽にお問い合わせください。