工法紹介open

バイブロハンマ工法

様々な杭の打設引抜に対応
バイブロハンマ工法とは、振動式杭打機で強制振動を杭や鋼矢板に伝達することにより、先端の抵抗及び摩擦抵抗を急速かつ一時的に低減させ、打込みや引抜を行う工法です。
電動式、油圧式バイブロをクレーンで吊下げて杭材を打設します。施工条件によりバイブロ・クレーンの大きさを選定でき、経済的に施工することが可能です。

適用例
  • 土木工事全般

工法の特長

小型から大型まで幅広い機種があり、施工条件により使い分け可能

振動力を利用した打込み原理のため、杭先端の変形や座屈を起こしにくい

機械の大型化、高能力化により鋼管杭など大型杭の支持層への根入れも可能

使用機械

お気軽にお問い合わせください。