工法紹介open

鋼矢板圧入標準工法

環境に配慮した施工を実現
油圧式杭圧入引抜機を使用した単独圧入工法で、Nmax≦25の地盤に適用されます。圧入工法により無振動施工で杭の連続壁を構築します。

適用例
  • 土木工事全般(土質状況N値 Nmax≦25)

工法の特長

無公害を実現

杭打ち工法は大きく分けて打撃、振動、削孔の3つが一般的です。しかし、他工法とも利点と同時に振動・騒音等の公害という大きな問題点を抱えています。これらの工法に対し、圧入工法はその原理の優位性により無公害を実現しています。 圧入工法は、打撃や振動によって杭を打ち込むのでなく、完成杭をつかみ、その反力杭の引抜き抵抗力を利用して次の杭を油圧力で地中に貫入させる工法です。「圧入工法」は、一般的工法の騒音・振動公害などのマイナス面を取り除くだけでなく、環境への負荷も小さく、工期も短くて済み、工費の削減にも貢献するなど多くの優位性を持っています。

工法紹介動画

使用機械

お気軽にお問い合わせください。